なかよしやっきょく のブログ
Image by Cool Text: Free Graphics Generator - Edit Image
カウンター

お風呂あがり、かゆ~くなる季節2013/11/07 15:30

今日は立冬ですね。冬の始まりです。
岡山は日中は車に乗っていると暑いくらいだったのですが、今夜から寒くなる様子。
薬局では10月中にグリーンカーテンを取り外し、このたび、そのつるから作ったリースを飾りました。
朝顔と、ルコウソウのリース。夏の植物で、冬の飾り物。
あさがおのグリーンカーテン
そろそろ、増えてきたのが、冬のかゆみ肌。
かゆみ止めの軟膏や、クリームを処方される患者さまが増えてきました。

本日お越しの患者様も、ひざ下をズボンをめくって見せてくれたのですが、皮膚がうろこのようにめくれ上がり、赤い線が網の目のようにびっしりと出ていました。かゆそう、と言うより、痛々しい感じです。
特にお風呂あがり、痒みが強いので、蚊に刺されたときに使う、市販の液状のかゆみ止めを塗っていたとおっしゃいました。
「かゆいときに、スーッとするから、それを使いたくなる気持ちもよくわかります。でもそれは、肌の乾燥をいっそう進めます。乾燥は、痒みの大敵ですよ。保湿を心がけてくださいね。」とお話ししました。
冬は空気が乾燥するので、肌から水分が奪われます。乾いた皮膚はめくれやすくなります。
皮膚が薄くなると神経の末端が外に近くなるので、少しの刺激で反応します。なのでかゆくなります。掻いてしまうと、また皮膚がはがれ、神経がより過敏になります。
悪循環です。
なので、冬は、ハンドクリームでもなんでもいいので、かゆくなりやすい所に、かゆくなる前に、しっかりつけて、保湿を心がけてください。
お風呂上りと、朝起きたときに使われるといいでしょうね。
かゆみが出てしまったら、症状に合わせてお薬を使うといいですよ。
夏用のかゆみ止めを使うと、スーッとする成分が蒸発するときに一緒に肌の水分を奪いますので、いけません。

アレルギーや難治性の皮膚症状を引き起こしてはいけませんので、薬が処方されたら、治るまで使ってください。強いステロイドが出ても、だんだん少なく、弱いものに切り替えて使用すれば大丈夫です。
安心して使ってください。
ご家族にも、ポリポリ掻いている人、いませんか?
教えてあげてくださいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nakayoshi.asablo.jp/blog/2013/11/07/7046917/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。