なかよしやっきょく のブログ
Image by Cool Text: Free Graphics Generator - Edit Image
カウンター

3月になりました2013/03/04 13:23


こんにちは。
春が近くなったころ、患者様が可愛いお人形を置いて帰って下さいました。
小さくてかわいくて、ちょこんと置くと、華やいだ雰囲気になります。
今日はその写真を載せています。

3月になり、昨日お雛様で桃の節句をお祝いした方も多いのではないでしょうか。

「桃」という漢字は、古来中国から伝わった文字ですが、岡山は「桃の産地」、「「桃太郎」と「桃」とは離れられない間柄です。

木へんに兆(きざし)と書いて桃。

昔、中国の占いは火であぶった何かを亀の甲羅に押し当てて、甲羅にできたひび割れの形で神の言葉を読み取っていました。
兆という漢字はその甲羅の模様をかたどったもの、これから何かが起こる、という意味合いを持っているのです。
木へんに兆という漢字は、春の訪れを真っ先に知らせる植物であったことから、つくられたという説があります。

さて、トリビアはそれぐらいで、当薬局には花粉症の患者様が薬をもらいにお見えになることが、ここ一週間で、ぐん、と増えました。
「今まで花粉症じゃなかったのに」
とおっしゃる方も多く、今年の花粉は侮れないようです。

ヨーグルトを食べると花粉症に効く、という話を聞いたことがありませんか。
なぜ腸に働くヨーグルトが花粉症に効くのでしょう。

腸の粘膜をヨーグルトが整えると、そこから入ってくるアレルギー物質が減少する、それで、ヨーグルトを食べることで免疫力がアップする、などと言われています。
一度お試しくださいね。
春待ちの人形さんたち


3月11日2013/03/11 13:52

今日は3月11日です。
ラジオを聴いていると、今、被災した方々の、一番の恐怖は、
忘れられてしまうこと なのだそうです。
なかよし薬局では、2年間、募金箱をずっと置いています。
片面が透明な薬袋を使用していますが、紙ごみのリサイクルにも出しにくいので、
慢性疾患の方で、同じ薬袋を再利用して下さる方があれば、
一枚につき、一円、なかよし薬局が募金します。

2012年の一年間、皆さんからの直接の募金と、薬袋の再利用で、1万円を贈ることが出来ました。

「まだ置いてるの?」「もういいんじゃないの?」「どうせ必要な人には渡ってないのよ」
と言われることも多いのですが、
なかよし薬局は、忘れないためにも、その意思表示も兼ねて、
出来るだけ続けていこうと思っています。
義援金募金箱


春眠暁を覚えず??2013/03/22 12:28

季節の変わり目というのはなにかと体の中でも変化が起こっているようです。

もちろん花粉症で辛い方もたくさんいらっしゃる時期なのですが、
なぜか、この時期、不眠でお越しの方が増えます。

のんきに暮らしている私どもにしてみますと、「春眠暁を覚えず」の通り、
この季節は眠くてしょうがないのですが、
春からの心配事、体調が変わって眠れなくなった、夜中にトイレで目覚めるようになった、などで、
睡眠を助けるお薬を処方される患者さんが増えています。

はじめてその症状を訴える方には、軽いタイプの睡眠導入剤や、睡眠のリズムを整える薬が処方される方が多いのですが、
薬を飲まなくてもゆっくり休めるに越したことはありませんね。

夜にあたたかい牛乳を飲んで血中カルシウム濃度を上げ、リラックス効果を得る、ぬるま湯につかってリラックス、日中しっかり運動して体が眠りを求めるようにする、など薬を使わなくても色々な方法がありますので、ぜひ、受診前に試してみてはいかがでしょうか。

さて、薬局の花壇もやっと水仙が咲きました。
いい香りが漂っています。

水仙の香りに、リラックス効果があることはご存知でしたか?
水仙がたくさん咲くお宅では、少しお花をとって、お部屋に飾ってみるのも良いでしょう。
いい香りに包まれて、きっと素晴らしい夢の世界へ連れて行ってもらえることでしょう。
水仙咲きました♪

桜と咳コンコン2013/03/27 14:23

桜の季節ですね。
東京ではとっくに満開ですが、岡山では二日前にようやく開花宣言です。
岡山市内でも山の方にある薬局の前の桜並木も、写真の通り、今や咲かんとつぼみを膨らませています。
今日は恵みの雨となりました。
きっともう3日もするときれいな色が見えてくることでしょう。
もうすぐ咲きます
さて、タイトルにある「咳」。
冬の寒い時期に風邪を発症し、その後、咳が長引く患者さんが良くいらっしゃるこの時期。

ご存知の方がいらっしゃると思いますが、桜の皮からとる咳止めの薬があります。
江戸時代から桜皮は薬として使用されてきました。
映画にもなった、有名な「華岡青洲」の残した薬の中にも入っています。

現在でも桜皮エキスはれっきとした医薬品として使用されています。
ソメイヨシノではないのですが、ヤマザクラやカスミザクラといった桜の木の皮を乾燥させ、そこからエキスを抽出します。
「ブロチンシロップ」というものがそのエキス剤に相当します。

なかよし薬局にも「ブロチンシロップ」を含む鎮咳薬があります。
それが、よく効きます。
患者さんは「なんか、美味しいわ♪。とてもよく効くし。」と喜んでくださいます。
それもそのはず。
効果はもちろんですが、桜餅の香りがしますから。

この時期、お菓子やレストランでも桜の香りが楽しめますが、じつは、薬でも・・・なぁんて。
飲まなくて済むに越したことありませんから、咳がひどくなる前に、風邪はしっかり治してくださいね。

休日当番です2013/03/31 09:48


こんにちは。
地域の輪番制の当番で、本日は休日急患用に薬局を開けております
だいたい、お休みの日は、急な発熱やけがで、初めてお越しになる方が多いのですが、
本日は朝一番でいつもの慢性疾患のお薬をもらいに来て下さる方がいらっしゃいました。

「休みの日でないと(Dr.に)ゆっくり見てもらう余裕がないんだ。今日は当番で開けてくれてるから、よかった。」

普段は仕事が忙しくて抜けることが出来ず、いつも代理の方がお越しでした。
今日は、その患者さんとお話することで、自分の体を大事に思ってくれていたんだわ、と再確認でき、ほっとすることが出来ました。
医療機関も、『人』が行っている仕事ですので、ひとりの人としてプライベートな時間が必要で、早朝・夜間・日祝日に営業することが難しい場合があります。
それでも、地域の方が、体調がすぐれない時、自分の体が心配な時、頼れるところを開けておいてあげる、ということが出来たら、どんなに良いだろうと思った次第です。
だんだん開いてきました
さて、写真は薬局の前の桜です。
毎日撮影している枝があるのですが、右から左に、だんだん開いてきました。
まだまだ満開になりませんが、ゆっくりゆっくり、楽しませてくれています。