なかよしやっきょく のブログ
Image by Cool Text: Free Graphics Generator - Edit Image
カウンター

ポリフェノールってどんなものでしょう2013/09/04 13:08

本日、こちら岡山では、激しい雨と風の影響で、さまざまな場所で通行止め、住居への浸水などの被害が出ております。
窓から見る外の風景は、モノクロで、少しさびしい感じがします。幸い薬局は無事ですが、皆様何ごともなくお過ごしでしょうか。
こんな日はおうちでゆっくりと、お茶でも。
さて、突然ですが、そのお茶に含まれる、カテキン。これはポリフェノールの一種です。
ポリフェノールには、抗酸化作用があって、成人病の予防や老化の予防に効果的♪なんてうたい文句を良く聞くと思います。

そもそも、ポリフェノールって何なのでしょう。
じつは、ほとんどの植物が持っている成分で、これは、全て植物が自分自身の身を守るためであったり、生きていくうえで必要だから作りだしている成分なのです。
ポリフェノールの中には香り成分も含まれ、香水に使用されているものもあります。
それも、元々は虫が嫌う香りを出して、自分が食べられないようにするためだったり、他の動物を香りで誘って受粉を手伝ってもらうものだったり。

ポリ(たくさん)フェノール(ベンゼン環に水酸基(-OH)が一つくっついたもの)。有機化学の分かる人なら、あー、フェノールがいっぱいくっついた形なんだな、と分かると思います。なので一つではありません。何百、何千種類と存在します。
ベンゼン環がたくさんある(構造式はハチの巣みたいな感じです)と、活性酸素が作り出すラジカルという老化や病気の諸悪の根源の物質をキャッチしやすい構造になります。
それで、老化予防にポリフェノール、となるわけです。

そもそも、ポリフェノールを多く含む食べ物って何があるでしょうか。
お茶も有名ですが、実はコーヒー(豆)もたくさん含みます。
豆類にはたくさん含まれ、とくに大豆にはイソフラボンという女性ホルモンと類似した作用をもつといわれるポリフェノールが有名です。
また、岡山では「作州黒」で有名な、黒大豆(黒豆)の皮部分には大量のポリフェノールが含まれ、特に、低分子ポリフェノールの割合が多いため、吸収がよく、ポリフェノール摂取効率が非常に良いといわれています。

余談ですが、コーヒーにもダイエット成分で有名なクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれますが、カフェイン(これはポリフェノールではないです)も入っています。カフェインは眠気覚ましの代表格の成分ですが、摂りすぎも良くないですし妊婦さんにもおすすめではないですし、夜飲むと眠れない人もいます。
デキャフェ(カフェインレス)のコーヒーは、コーヒーの生豆から、有機溶媒などでカフェインを抽出して作ります。なので、その際多くのポリフェノールが失われます。
最近はカフェインがもともと入っていない、黒豆を使用したカフェインレスのコーヒーもあるようですね。
これですと、カフェインレスでもポリフェノールがしっかりとれます。

というわけで、おまめやお野菜、しっかり食べて、よいポリフェノールをたくさん摂取し、健康な生活を送りましょう。

オリンピックとドーピング2013/09/11 12:44

2020年東京オリンピックが決定しましたね。
その瞬間をテレビでご覧になった方も多かったのではないでしょうか。
日本を盛り上げて、世界の人たちに恥ずかしくない大会を支えたいと思います。
決定した日の朝の番組で陸上の為末大選手が、「日本はドーピングが非常に少なく、クリーンなイメージがある。それも勝因の一つではないか。」と言っていたのが、印象的でした。
スポーツファーマシストのはしくれの私としては、この言葉に感銘を受けました。

さて、ドーピングの歴史ははるか昔紀元前に古代ローマのお医者さんが、選手に興奮剤を使用したという記録があるそうです。昔はコカの葉をかんだりしていたようですね。
その後の歴史ではアヘンなどの麻薬を競馬の馬に投与したり、カフェインを大量に摂取して選手を興奮状態に導いたり、そういうドーピングが行われていたようです。
近年のドーピングでは、使用薬品は興奮剤のみならず、自転車のアームストロングさんで有名になった、エリスロポエチンなどの造血剤や、、精神安定剤も集中力を高めるために使用されたり、そうそう、忘れてはいけないのが、最も多く検挙される、野球選手も多く使用していた、筋肉をしっかりつけるためのタンパク同化ステロイドや男性ホルモンなどがあげられます。今はそういう薬を隠すために使用される利尿剤なんかも禁止薬物に指定されたりしてます。禁止薬物は本当にたくさんあります。

日本人は確かに検挙されることが少ないようですが、1964年の東京オリンピックの際、「あがりどめ」としてうっかり精神安定剤を飲んだ選手が処分されたり、その後も「風邪薬」を飲んで、中に含まれる「興奮剤(メチルエフェドリンなど)」が検出されたりして、いわゆるうっかりドーピングで処分されるケースが見受けられます。
「強くなりたい」からやってしまうドーピングではないわけですね。

医療制度がきっちりしている日本では、簡単には処方箋なしで強くなれる薬は手に入りにくいのですが、スポーツドクターが少ないので、うっかりコーチが購入して与えた薬がだめだったなんて事があるのです。外国は逆にドクターが強くなる薬をわざと与えるケースもあるようですが…。

うっかりとは言ってもドーピングはドーピングです。ここをきっちり押さえて、クリーンなジャパンのイメージをしっかりと守っていきたいと思います。
スポーツドクターの少ない我が国、われわれスポーツファーマシストがいつでも相談に乗りますよ♪

さて写真は、秋に実っている白ゴーヤです。結構9月一杯取とれるのですが、この時期のゴーヤはなぜかとても苦い。だいたい苦すぎるときはゴーヤチップスにしてしまうのですが、何かほかにいい方法ないでしょうか?ご存知の方教えて下さいませ。
今年最後の白ゴーヤ

たばこの悪いところ。癌だけじゃないです。2013/09/18 13:27

朝晩涼しくなりましたね。
お昼は驚くほど暑くなりますが、そのアンバランスも相俟って、風邪の患者さんが増えてきました。
そんなこんなで、近頃なかよし薬局でも、写真のようなしょうが関連商品がよく売れるようになりました。
しょうが湯よく売れます
でも、最近とくに気になるのが、COPDの患者さんの増加です。
COPDは、禁煙のコマーシャルなどで見かけるようになったので、ご存知の方が多いかもしれませんが、呼吸が苦しくなる病気の一種です。慢性閉塞性肺疾患:Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略です。
たばこを吸うことが原因で起こります。

たばこを続けると、肺の筋肉や組織の弾力性がなくなり、固くこわばってきます。(見た目もピンクからグレーに変わりますが、それだけではないのです。)なので、息を吸おうとしても肺が膨らまない、息を吐こうとしても肺が小さくなってくれないのです。大隔膜(呼吸の時に動く筋肉の膜)がいくら頑張っても、肺が伸縮しないのです。
そればかりではなく、気管支が炎症を起こしているので、痰がたくさん出ます。
息が出来ない、痰が絡む。苦しいですよね。
階段で息切れ。それは老化だけが原因ではないかもしれません。

もちろん体に必要な酸素が入ってきませんので、そこからいろんな弊害が出てきます。全身性弱い炎症が起こった状態になりますので、正常では分泌されないいろんな伝達物質がさまざまなところから放出されます。
それにより、伝達物質を受けた組織が暴走し、
全身性の炎症、
貧血、
抑うつ、
筋肉の減少、
代謝性疾患(メタボリックシンドロームなど)、睡眠障害などが起こります。

最初は気管支を広げるお薬を使用します。
それでもたばこをやめない方も多いです。
改善が見られず合併症が出てきてどんどん薬が増えていきます。

酸素吸入をして睡眠をとるようになります。
酸素吸入の機械を借りて毎晩吸入する場合、月に10万円もかかると聞いたことがあります。
機会をつけると頭部を固定する感じになりますので、ほぼ眠れません。

これは困ります。
今後の人生をしっかり守るため、こうならないうちに、タバコを辞められる方が増えてくれるといいなと思う今日この頃です。

からだの治療、こころの力2013/09/25 14:05

こちら岡山では、お日様のある間は暑い、日が続きます。
でもようやく明日から涼しくなるとの予報が。風邪には気を付けないといけませんが、ちょっと助かりました。
近頃、薬局付近では自生のテッポウユリ?タカサゴユリでしょうか?可愛らしいユリを見かけるようになりました。
写真のゆりは、私の駐車場所に突如あらわれたお姫様です。
轍に生えているので、踏まないようにしないと…と緊張しています。
駐車場のゆり
こんなところに生えるわけない、という先入観が、ユリの出現に対する驚きを大きくしました。

先入観。タイトルにある「こころの力」に対する強敵です。
患者の皆様の心の中に、こんな先入観があったら。
「こんな薬を飲んだってどうせよくならないのだろう。」
「とうとう血圧の薬を飲まなきゃいけなくなった。一生飲み続ける薬だよな。」
「こんな病気になっちゃったら、先は短いな。」
「薬を飲んでも効いた気がしないし、どうせ変わらないなら飲まなくてもいいか。」

薬学生はみんな習う、「プラセボ効果」というのがあります。
プラセボとは、偽薬のことで、患者の求める効果がない薬の事です。
それを、「よく効きますよ」とDr.が患者に渡した場合、信じた患者の体では、効くはずのない薬が効くのです。それがプラセボ効果です。
こころの力とはこのように現れます。
逆に、効果のある薬も「効かない」と言って手渡されたら、効きません。

治らない病気も「治る」と信じたら治るかもしれないし、治る病気も「治らない」と信じたら治らないかもしれません。
薬も「効く」と信じて飲んだら、効きます。病気だって「治る」と信じてみませんか。

実際、もう完治は無理だろうと思われる患者さんが前向きな服薬を続け、驚くほどの回復を見せるのを何度か目の当たりにしましたし、
真面目に薬を飲んでくれたら治ったはずなのに、「2,3回飲んで、効いた気がしないから」と服薬をやめてしまった方が、もっと重症になって戻って来ることもあります。

病気だけではなく、老化に対しても同じだと思います。いつまでも好奇心あふれ、色んなことに目を輝かせてチャレンジする人は、こころも、体も若いのです。

薬屋がこんなこと言うのは変かもしれませんが、今飲んでいる薬や、今患っている病気を減らしましょう。そのために、与えられた薬は信じて前向きな気持ちで飲んでください。
騙されたと思って、元気になった自分を想像して、一粒、一粒、信じて飲んでくださいね。